和光市、朝霞市、志木市|税理士

石丸寛税理士事務所

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-16-7MKビル6F
TEL:03-6907-1394
会社員が太陽光発電設備による余剰電力の売却をした場合・和光、志木、朝霞税理士ニュース

会社員が太陽光発電設備による余剰電力の売却をした場合・和光、志木、朝霞税理士ニュース

石丸寛税理士事務所では個人事業主・経営者の方に向けて消費税の取扱い情報をご提供しています。

ここでご紹介する事例は国税庁が公表している質疑応答事例を基にしております。

なお、ご紹介する事例は一般的な取扱いであり皆様の個別事例の内容、前提によって異なる取扱いとなる可能性があることにご留意ください。

【事例】

会社員が自宅に太陽光発電設備を設置し、いわゆる太陽光発電による固定価格買取制度に基づき、その余剰電力を電力会社に売却している場合、消費税の課税の対象となりますか。

【取扱い】

余剰電力の買取りは、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づき、太陽光発電による電気が太陽光発電設備が設置された施設等において消費された電気を上回る量の発電をした際、その上回る部分が当該施設等に接続されている配電線に逆流し、これを一般電気事業者である電力会社が一定期間買い取ることとされているものです。

消費税の課税対象となる取引は、国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等であり、個人事業者が生活の用に供している資産を譲渡する場合の当該譲渡は課税対象となりませんが、会社員が行う取引であっても、反復、継続、独立して行われるものであれば、課税対象となります。

照会の余剰電力の売却は、会社員が事業の用に供することなく、生活の用に供するために設置した太陽光発電設備から生じた電気のうち、使い切れずに余った場合に当該余剰電力を電力会社に売却しているものであって、これは消費者が生活用資産(非事業用資産)の譲渡を行っているものであることから、消費税法上の「事業として」の資産の譲渡には該当しません。

したがって、照会のように、事業者ではない者が生活の用に供するために設置した太陽光発電設備から生じた余剰電力の売却は、課税の対象となりません。

平成27年7月1日の法令・通達等に基づいています。

石丸寛税理士事務所TOP(和光、朝霞、志木)

【主な業務内容】

個人・法人税務顧問、融資支援、記帳代行、会社設立支援、給与計算・年末調整

新規顧問契約・税理士変更のご相談も承っております。

【業務対応エリア】

和光市、朝霞市、志木市などの首都圏

« »